TO-B

必要となる資格

リフォームに資格は必要ない

本来、建物を建てるときには建設業の資格を持っていなくてはいけません。 土地や不動産を取得するだけならば何の資格も必要ありませんが、建物を建てる作業にはそれ相応の技術が必要になるのです。 資格がない人間が建物を建てると欠陥住宅ができてしまうことも懸念されるため、必ず資格を持った業者に相談しなくてはいけません。 しかし、例外もあります。 それは、元ある不動産をリフォームする場合です。 実は、リフォームをするときには資格が必要ありません。 住宅が壊れたような場合にはそこの家主が補強工事を自力で行うことができますし、それができないとなるとかなり不便な生活を強いられてしまいます。 リフォームに関してはどのような建物であっても資格を必要とせず安い価格で実施できるのです。

費用によって異なる相場の考え方

実は、リフォームには二つの種類が存在します。 費用の大きさによって相場の考え方も全く異なるため、この点に関してはきちんと理解しておかなくてはいけません。 リフォームは、確かに補強工事をするだけなら資格は必要ないのですが、一定金額以上の工事になると資格がないとリフォームができなくなってしまうのです。 この基準は、500万円と決まっています。 そのため、500万円を基準としてそれ未満ならば資格を持っていない人でも工事ができますがそれ以上に関しては専門家に依頼する必要があるのです。 当然、相場の考え方も素人が行うのと資格を持った専門家が行うのでは全く異なります。 リフォームでは500万円を基準として平均的な相場の考え方が違うことを知っておかなくてはいけないのです。